日本女性における定義の変化

世界から見れば、まだまだ日本の女性は働きに出る人の割合が少ない傾向があります。
決して雇用状況が悪いわけではないのですが、この原因として大きなものは、かつての日本が男尊女卑の志向が強かったためだと考えられます。
「男が働き、女が家事をする」という風習が、今でも日本人の思考に根付いているのです。
そしてその風習のためか、かつての日本人女性は早めに「良い男性」と結婚することが幸せと考えられていました。
昔の「良い男性」というのは、広大な土地を持っていることや、将来有望な人などを指しました。

ですが、現代はどうでしょうか。
女性が男性と同じように働くようになり、結婚することが必ずしもゴールではないと考える人が多くなりました。
何よりも「女性でも自由にやりたいことをやることが出来る」時代になったのです。
従って現代では、自分がやりたいことをやることが幸せだという考えが一般的になりました。
男性と同じように働くことが出来るようになった中で、女性の人生に様々な選択肢が生まれました。
そのため様々な幸せの形があり、「このような人が勝ち組だ」という枠が外れ、より自分自身が充実することこそが「勝ち組」なのではないか、という価値観が生まれました。
現代では結婚することも幸せでもあり、自分のやりたいことをすることも幸せでもあり、それ以外のことでもその人が感じることが出来ればそれで良いという思考が広まりつつあります。
「勝ち組」とは特に人生に優劣を付けるもの競い合うものでもなく、自分が幸せと感じればそれは「勝ち組」なのです。
自由に生きられる現代だからこそ、自分らしい「勝ち組」の女性を目指しましょう。

Leave a Reply